Essential Phone

メインスマホEssential Phoneを買って1年経ったのでレビューします。

現在、携帯通信端末としてガラケー1台とスマホ2台を持っています。スマホ2台のうちメイン機として使っているEssential Phoneを購入して1年がたったので、購入の経緯、良いところ、悪いところを書きました。

購入の経緯

2017年9月ごろ、当時はWindows 10 mobileのNuAns NEO(Trinity)をメイン機に、AndroidのRaijin(Freetel)をサブ機に使っていたのですが、NuAns NEOのバッテリーが膨張して使い続けられなくなりました。Raijinはバッテリー容量が取り柄のスマホでAndroidアプリを使いたいときに補助的に使っていましたが、処理能力はあまり良くないのでこれ1台だけではきついなあと思い次の1台を探すことにしました。

スマホ選びはOS選びから。iOS、Android以外で処理能力のあるスマホはWindows 10 mobile搭載のLumia 950 XL(Microsoft) や elite x3(HP) がありましたが、ビルゲイツがAndroidを使いだしたりWindows 10 mobileの先行きが見えなかったので、おとなしくAndroidにしておこうと思いました。僕はスマホが好きなだけでヘビーユーザーではないのでキャリアでの契約は割高だし2年縛りが嫌なので、SIMフリーで販売されていることが条件です。Android、SIMフリー、ハイエンドの条件で考えると、Mate 10 Pro(Huawei)、Razer Phone(Razer)、Essential Phone(Essential) が候補に挙がりました。性能や機能でいろいろと悩みましたが、一番デザインが良くて安いEssential Phoneに決めて、Amazon.comで$435で買いました。

良いところ

1.値段の割にスペックが高い。
5万円でSnapdragon835、RAM4GB、ストレージ128GBは安い。

2. デザインが良い
ベゼルレスデザインの先駆けとして知られているが、iPhoneX系のデザインとは異なりボトム部のベゼルは残っているもののサイドのベゼルが細く、フロントカメラのノッチは最小限の大きさに留められている。背面のカメラは出っ張っておらず、無駄な装飾やロゴも無い。サイドは丸みがなくすっきりしていて、チタン製なので衝撃に強い。

3.他人と被らない
他人とスマホが被ったら何が悪いというわけでもないが。

悪いところ

1.音が悪い
小さい音量でもたまに音が割れる。

2.カメラ性能が良くない
他のハイエンド機に比べるとカメラ性能は良くない(多分ソフトウェア側の問題)。スマホのカメラに搭載できるイメージセンサーのサイズには限度があるので、ソフト側でどれだけ補正をかけられるかがスマホのカメラ性能を決めていると思われるが、Essential はあまり補正をかけるのを好んでいない気がする。


音楽はオーディオプレーヤーで聴くし、写真はあまり撮らないので上で挙げた悪いところについてはあまり気にしていません。安くて性能が良くてデザインが良い端末でこれ以上のものは無いと思っています。購入してから1年が経つのでそろそろ買い替えを検討してもいいですが、現状不満な点が無く特に気になる端末も無いのでまだいいかなと思っています。snapdragon855で良さそうなのが出たら買い替えるかもしれないです。

投稿者: 09

物理とかをやっている理系の学生。 趣味興味:バイク、スマホ、PC、ベース、アニメ、漫画。 ブログタイトル「Voices Inside My Head」はThe Policeの3rdアルバム「Zeniyatta Mondatta」収録の曲名から。

「Essential Phone」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です