2023

2023年あけましておめでとうございます。今年はどんな一年になるのでしょうか……

2023年が終わろうとしている。今年はずっとブログを更新できなかった。振り返ってみると今年は辛く長く色々なことがあったが、良い一年だった。

今年でD3になり、年始から少しずつポスドク就活を考えなければならなかった。しかし、あまりにも先が見えない。ポストに就くまでの過程は人それぞれで、人に聞いてみてもよく分からないし、聞ける人もあまりいない。それまでの4年間の大学院生活は研究に捧げてきたと言っても過言ではなく、実際に成果も挙げつつあったが、客観的に見て評価できる指標、すなわち論文数ではたったの1本しかなかった。その1本はそれなりのボリュームがあって引用もされているが、そんなことは審査の上では関係ない。4月くらいに学振PDと海外学振の申請書を書くときに、その現実に直面しなければならなかった。

この頃から少しずつ毎日辛くなってきた。休みを取った方がいいと思った。ゴールデンウィークはずっと家にいて何もせずに過ごした。それでも結局仕事をして結果を出さないと状況は変わらない。それで大学に行って頑張っても結局なかなか結果が出ない。一度休むことを覚えてしまうと、頑張る気力が出ない。そうは言っても、論文にできる結果が出ないなりに試行錯誤した結果は出せるものだから、周りと比べると順調に進んでいるように見えてしまう。同僚の面倒を見て問題解決に付き合うが、僕の面倒を見てくれる人はいない。

僕は人に頼るのが苦手なので、ずっと一人で抱え込んでなんとかしようとしてきた。でも、しんどくてこのままではいけないと思ったので、人との出会いに縋ることにした。マッチングアプリは敬遠していたが、出会い方にこだわってもしょうがないと思ったので、9月くらいにアプリを始めた。ここらへんの詳細は省くが1回目に非常に気が合う人に会ってしまったのでその人と交際を続けている。出会いがあって本当に良かった。あと少し先だったら、あるいは後だったら出会えなかったとしたら、これまで悩んできた日々がこの出会いのためだったとしたら、これまでの人生がやっと肯定されたような気がした。

大学院でどのようなスタイルで研究をするのが正解なのか、正解などないのだろうが、それでも考えてしまう。僕は5年間かけて一つ大きい仕事をしたかった。そしてそれは今になってまあまあできたと言って良いと思う。でも小さい仕事をやってさっさとPhDを取っていい感じのポスドクを狙うのもありだよなと思う。

まあともかく、それでもここまでやってきた。まだどこに行くか決まっていないが、ポスドクのオファーを頂くこともできた。まだD論が全然できておらず、かなりまずい状況ではあるが、なんとか終わらせて来年も頑張ります。

投稿者: 09

物理とかをやっている理系の学生。 趣味興味:バイク、スマホ、PC、ベース、アニメ、漫画。 ブログタイトル「Voices Inside My Head」はThe Policeの3rdアルバム「Zeniyatta Mondatta」収録の曲名から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です